隠れた人気メニュー 手打ちそば–その2

2010/01/28 つく根便り by cubenet

さてさて、前回からの続きです。
今度は肝心の伸ばし作業です。この作業如何で喉ごしか違ってきますから、
がんばっていきましょう。

乾燥しないようにビニール袋で包んで寝かせますそばってすぐに乾燥するデリケートなものなんです。
だからちょっと離れるときも、
こうやってビニールにやさしく包んでおかないと、
ヒビが入ってうまく伸びなくなってしまうんです。

 

打粉をして伸ばしていきます打ち粉をしっかりふってから伸ばし作業に掛かります。
最初は、中央から徐々に伸ばして丸くしていきます。

 

そばを均等に伸ばしていきます次にめん棒を使って少しずつ伸ばしていきます。
そばを少しずつ回転させながらめん棒で伸ばしていきます。
板にくっつかないように注意します。
くっつきそうだったら打ち粉を忘れずにふりましょう。

 

麺棒を使って伸ばしていきますある程度伸びてきたら、
こんどはめん棒にまきつけるようにして伸ばしていきます。
このときも巻いて、
回転させて、伸ばしての繰り返しで伸ばしていきます。

あせりは禁物ですよ。

 

ある程度伸ばしたら角を出していきます今度は四角くするために、
角を出していきます。
力をかけたほうに伸びていきますので、
少しずつ対角線になるように伸ばしていきます。

 

角が出たら広げて厚さを均等にしていきます最期に大きく伸ばして手とめん棒の感触で、
均等な厚みになっているか見ます。

ここまできたらあと少し。

 

これくらいの厚さが目安です大体これくらいの厚さになればオッケー。

あとは揃えて「切り」の作業に入ります。


タグ: 

コメントを行う

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

-->